不眠症でも改善できる!活用広まる睡眠薬通販

\90秒で注文完了/睡眠薬の購入はこちら
不眠に悩む女性不眠症は、日本で数多く見かける病名の1つです。近年では、5人に1人の割合の日本人成人が不眠を感じているという結果が見られています。

不眠症は、日本における国民病といっても過言ではありません。

男女問わず、誰もが発症の可能性を持つ不眠症のことについて、少し知ってみてください。

誰もに忍び寄る不眠症・症状や原因とは

不眠症とは、不眠によって

・集中力・意欲の低下

・倦怠感

・抑うつ

・食欲不振

など、上記のように日常に支障をきたす現象が1ヶ月以上続いている状態のことを示しています。

問題なのは睡眠時間の短さではなく、不眠状態が日常にどれだけ影響を与えているかどうかです

その上で、どのようなしょうじょうなのか、なぜ不眠症になったのかなどを明らかにしていくことが大切です。

不眠症のタイプ

不眠症の症状は1つではありません。どのような形で不眠が現れるかによって、対処法も変わってきます。

不眠症の症状は、大きく分けて4つのタイプが見られます。

入眠障害

寝付くのに1時間以上かかる。不眠症の中で最も多く見られる。

中途覚醒

夜中に何度か目が覚める。

早朝覚醒

起床時間より早く目を覚まし、その後再び寝られない。

熟眠障害

眠りが浅く、疲れが取れない。朝起きても眠れた気がしない。

考えられる不眠の原因

不眠症の原因にはさまざまな可能性が考えられます。ほとんどの原因は、精神的な原因・身体的な原因・環境の原因の3つに該当するものです。

精神的な原因

・精神的疾患(うつ状態など)

・ストレス

・不安や恐怖

・睡眠の準備ができてない

身体的な原因

・身体的疾患(高血圧など)

・医薬品の影響(降圧剤など)

・興奮や緊張

・嗜好品(コーヒー、煙草)

環境の原因

・部屋の照明設定

・騒音

・生活リズムの乱れ

睡眠ホルモンの影響

不眠症には、睡眠ホルモンとよばれるメラトニンが関わっていきます。

メラトニンは、神経伝達物質の1つであるセロトニンが材料になって分泌されるホルモンです。日中の間はセロトニンが、夜になるとメラトニンが多く分泌されるようになります。

メラトニンは生活リズムを整え、昼は活動的に、夜はぐっすり眠れるように体に働きかけています。昼間に太陽の光を浴びることで、夜にメラトニンの分泌が増えやすくなります。

しかし、環境や生活リズムが崩れることによってメラトニンの分泌量が下がり、夜に眠れなくなる現代人が増えつつあります。不眠症の原因は、このようなところにも潜んでいるのです。

不眠症には質の良い睡眠!睡眠薬通販でしっかり眠りを

通販を利用する女性不眠症の治療方法にはカウンセリングなどの精神療法、睡眠準備を整えて環境を変化させるなどの自分で行う対策などのほかに、医療現場で多く活用されているのが睡眠薬による薬品治療です。

睡眠薬といえばドラマなどのメディアで自殺道具に使われたり、依存症の危険性が高いなどのイメージを持たれがちですが、現在活用されている睡眠薬にはそのようなリスクを持ちません。

もちろん間違った使い方をすれば副作用なども現れますが、用法用量を守って正しく扱えば不眠症を解消できるようになります。

睡眠薬の効果

症状に合ったものを服用する

前述した不眠症の症状に合わせ、最も効果的な睡眠薬を選ぶことで、安全に使用できます。

睡眠薬には超短時間作用型、短時間作用型、中時間作用型、長時間作用型など効果時間に違いが見られます。

例えば入眠障害の患者は、寝付きを良くするために超短時間型や短時間型の睡眠薬を使用し、早朝覚醒の患者は長時間型の睡眠薬を使用して朝までぐっすり眠りに就けるようにします。

自分に合った効果時間を選ぶことで、体への作用を必要な分だけに留めることができます。

依存症になりにくい

睡眠薬を一度使い始めると、なかなか手放せなくなって依存症になるのではないか、という心配をする人は多くいます。

確かに、以前の睡眠薬には依存性を引き起こしやすい物質が含まれているものも多くありました。しかし、現在医療現場で扱われている睡眠薬のほとんどは、依存しにくい物質で作られています

また、不眠症の症状に合わせて睡眠薬の量を少しずつ減らしていき、最終的には薬を使わなくても眠りにつける状態を目指していくのが睡眠薬治療の目標です。二度と飲むのをやめられなくなる、というようなことはありません。

寝酒より体に良い

眠れない時にアルコールに頼るという人は一定数いますが、アルコールの摂取による睡眠効果は一時的なもので、中途覚醒などの現象が起こりやすくなります

またアルコールの睡眠効果には耐性ができやすく、効果を得るためにアルコール摂取量が増え続けることで、アルコール依存症につながるリスクも潜んでいます。

睡眠薬は耐性がつきにくく、一人ひとりの症状に対して的確に効果を見せるので、薬の成分の影響も最小限に抑えられます。寝酒などの行為に比べると、むしろ健康的で安全性の高い医療方法なのです。

いろいろな睡眠薬

薬のイメージ睡眠薬には効果時間や成分などによって、さまざまな種類があります。睡眠薬として活用される中から、それぞれ違う3種類を取り上げて紹介します。

バスパー・ジェネリック

有効成分:ブスピロン

バスパーのジェネリック医薬品です。有効成分のブスピロンが、セロトニンの濃度を高め、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌量を増やします。

またセロトニンが高まると、同じく神経伝達物質であるノルアドレナリンの量も増やされます。セロトニンは不安や緊張を抑える働きが、ノルアドレナリンには気分を高める働きがあり、不安や抑うつ気分を解消させます。

不眠症の精神的な原因であるストレスや不安感、抑うつなどを防ぐことで、スムーズに眠りに就けるようになります。

不眠症改善のほかに、抗うつ薬としても使用されることがあります。

飲み方

就寝前に1錠、水かぬるま湯で服用します。効果が強い時は、錠剤をカットして服用量を調節してください。

不安障害などの場合

1日2~3回、1回に10~15mgを水かぬるま湯で服用します。

増量する際は、3~4日の間隔を空けて5mgずつ増やします。服用上限量は、1日60mgまでとなっているので注意してください。

注意点

併用禁忌薬があります

不安な人はよく確認して、使用する前に医師に確認をとることが推奨されます。

・妊娠中、また妊娠の可能性がある人は使用禁止です。

・服用した後、乗り物の運転や高所での作業は控えてください。

副作用

・めまい、立ちくらみ

・頭痛

これらの軽度の症状が重く現れたり、重度の副作用らしき症状が見られたら、病院で診察を受けてください。

ルネスタ・ジェネリック

有効成分:エスゾピクロン

ルネスタのジェネリック医薬品です。脳の神経や不安感を鎮めて、睡眠につきやすくします。

飲み方

1日1回、就寝前に1錠を服用します。服用上限量は1日に3mgまでとなっているので、超えないようにしてください。

高齢の人の場合

1日1回、就寝前に半錠(1mg)を服用します。服用上限量は1日に2mgまでとなっているので、超えないようにしてください。

注意点

・精神状態に支障を起こす恐れがあるので、アルコールとの飲み合わせや飲酒後の服用は避けてください

・妊娠中、また妊娠の可能性がある人は使用禁止です。

・服用した後、乗り物の運転や高所での作業は控えてください。

副作用

・めまい、ふらつき

・口の苦味、口の渇き

・頭痛

・重度:精神症状

メラトニン

有効成分:メラトニン

睡眠のためのサプリメントです。睡眠ホルモンのメラトニンを直接補給することができます。

スムーズに寝付ける他、生活リズムを整える効果もあるため、時差ボケの改善にも効果的です。

飲み方

1日1回、1~3錠を水かぬるま湯で服用します。睡眠の30~60分前に服用してください。

服用上限量は10mgとされているので、超えないように注意しながら服用量を調節してください。

注意点

・服用した後、乗り物の運転や高所での作業は控えてください。

・長期的に服用しすぎると、体内でのメラトニン分泌量が著しく低下する恐れがあるため、できるだけ長期的な服用は避けましょう。

副作用

・低血圧

・悪夢

・腹痛

睡眠薬を使った人の口コミ

かかとすあしさん

長い旅行でぐったりしたら、メラトニンがとても効きました。旅行の後には時差ボケとか生活リズムがバラバラになって、眠れなくなることが多いので、こういうサプリメントが本当に必須です。

2日経てば疲れも順調に回復して、いつもどおりの生活にスーッと戻れます。旅行とか出張が多い人は助かりそう。

鉄火さん

年を重ねるにつれてだんだん眠れなくなってきて、なのに昼間は眠くてフラフラしてました。睡眠薬がほしいと言ったら家族にはいい顔をされませんでしたが、なんとか説得して購入することになりました。

最初は1錠丸々飲み込むと量が多すぎたのか、次の日の午前中にも眠気がつきまとっていて倒れそうになりました…苦笑

試してみるうちに、半錠飲むのがちょうどいいと気づいて、半分切って飲んでます。朝の目覚めもすっきりしてて、いい感じです。

キャラメルさん

夜はどうでもいいことをもんもんと考え込んでしまって、毎度寝付くのに1時間以上はかかっています。しかもよりによって寝る前になると、思考が活発になります。昼夜逆転してるんでしょうか?

一度、睡眠薬で無理にでも寝てやろうと思って、試してみた所すごく気持ちよく寝付けるようになりました。今はお医者さんと相談しながら、飲む量を少しずつ減らそうとしているところです。

通販で買える睡眠薬を活用して、不眠症にさよならを!

通販を利用する男性睡眠薬の効果がわかってきたところで、睡眠薬に対して少し前向きに検討してみたくなった人もいるかもしれません。

最も効果的な睡眠薬は人によって違うので、最初はやはり病院に相談して自分の不眠症の傾向を見てもらい、体質にあった睡眠薬を購入するのが安心でしょう。

しかし、睡眠薬を購入するために病院の診察を受けるような時間はなかなかとれない、医薬品ではなくできればサプリメントなどで治療したい、といったような悩みや考えを持つ人も少なからずいるのではないでしょうか。

そこで、病院に行かなくても睡眠薬を簡単に購入できる睡眠薬通販を紹介します。

はじめよう睡眠薬通販

睡眠薬を取り扱う通販は、正しくは個人輸入という少し特殊な通販方法のことを意味します。

睡眠薬を国内で手に入れるには、病院での受診が必須です。しかし海外から取り寄せる睡眠薬は、受診しなくても購入が認められます。

個人輸入では、海外の会社に注文して国内まで商品を取り寄せるという方法を行っています。

海外から睡眠薬なんかを取り寄せるのは、法律的に問題があるのでは?という点が気になるかもしれません。個人輸入は日本でも合法として認められている行為なので、睡眠薬を個人輸入で購入しても問題はないのです。

日本国内にいながらも海外製の商品を購入できる方法として、国内ではさまざまな人にさまざまな目的で活用されています。

睡眠薬通販を簡単に利用するには

ただし、個人輸入は海外の会社への注文が必要なので、手続きの際には何度か外国語を使用しなければいけない場面が出てきます。外国語の使用に慣れている人なら問題なくても、不慣れな人にとっては難関な操作です。

このような個人輸入の難点を解決するために活用されるのが、個人輸入代行サイトです

個人輸入代行サイトは、海外への注文を利用者の代わりに行ってくれるサービス機関です。サイト内は日本語で構成されていますが、取り扱われる商品のほとんどが海外製です。

個人輸入代行サイトを利用すると、注文手続きから商品を受け取るまで、日本語だけで行うことが可能です。個人輸入を使った経験がなくても、通販の仕組みを知っていれば簡単に利用できるでしょう。

睡眠薬通販の使い方手順

睡眠薬通販は、数少ない手順で行えるように作られています。

通販の使い方手順は、以下のとおりです。

1 通販サイト内で睡眠薬を見つける。

2 購入数を決めて、商品を確保。他に気になる商品がなければ、手続きに進む。

3 購入手続きに必要な情報を入力。

入力情報にミスがなければ、注文を確定させる。

4 睡眠薬が手元に届くのを待つ。

商品が届くまでには2週間前後の時間がかかることもあるので、そのような可能性も想定しておいてください。

睡眠薬の通販で不眠改善、ぐっすりしよう

不眠に悩む女性不眠症の悩み、症状を解消する有効な治療方法として、睡眠薬があります。

現在の睡眠薬は安全性高く改良され、危険性はほとんどありません

不眠の辛さをいつまでも抱え込まずに、治療方法に頼って健康な睡眠を目指してみませんか?

睡眠薬は健康のためのアイテムです。あなたの快眠ライフのために、睡眠薬通販を検討してみてください。

睡眠薬の購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました